2005年11月15日

劇場感染記「チャーリーとチョコレート工場」



雑感シリーズ。

待ちに待ってたティム・バートンとジョニー・デップタッグの最新作。

ロアルド・ダールの世界的ロングセラー児童書『チョコレート工場の秘密』を映画化したもので一度1971年に映画化されてるからこれが2度目。



ちゃりちょこ.jpg






バートンの世界観ってホントにわくわくする。
ゾクゾクするといってもいいけどなんだろう、この懐かしい気持ちは。



彼は一貫して異形なものに愛を注いできたわけで、何故ならそこに純粋なものを敏感に感じ取っていたからと思われ、もちろん自分が実際に生きてきた中での実体験というか実体感があるってことがバックボーンとして絶対に無視できないところなんじゃないかと思う。



異形であるが故、最初から遠ざけられてしまう存在たち。
人というのは自分の頭の中で強大なモンスターを作り上げてしまうからね。
しかしコミュニケーションを取ってみない事にはそのモノ(あるいはヒト)の本質には近づけない。
見る人たちにスクリーンと否応なしにコミュニケーションをとらせる、これがバートンが映画に見出した幸福だったのかもしれない。



だから「どこか切ない」空気を映画の中で表現できていたのだろう。
登場人物たちは自分の分身であり、彼らから「僕は僕なんだよ!ありのままの僕なんだ!もっと目を凝らしてみてくれないか!」とのメッセージを送りつづけていた。

あ、「PLANET OF THE APES 猿の惑星」は除く。




が、しかし!


バートンの内面が多少の変化を起こした。


リサ・マリーとの結婚を機に。


隣を見れば常に自分を心から愛してくれるヒトがいる。
それはバートンの内面の凝り固まった(そしてそれは創作意欲の源になっていた)ストレスを緩やかに溶かしていく。
ごく当たり前で普遍的な愛情を享受することによって当然映画の方向性も普遍的な愛情へとシフトしていった。



「ビッグ・フィッシュ」を見れば一目瞭然。


まぁ、リサ・マリーとは別れたけど「猿」の撮影のときからヘレナ・ボナム・カーターと付き合ってて子供も出来たもんね。
(籍は入れてないらしい)



で、このチャリチョコ。

一見、家族愛を朗らかに謳ってはいる。
多少ブラックな演出はあるものの。
清貧とかもね。

でも、その裏で

原作が児童書という隠れ蓑を被って現実と理想の対比を容赦なく子供の世界に映し出している。
彼のこの作品でのスタンスは現実に非常にシビアでありながら理想にはとことん甘い。
ラストはまさに絵空事だ。持たざるものの夢物語。

あっ!だからチョコレート工場かっっ!


実際、あの主人公以外の子供たちを描きたかったんじゃないかという気すらする。

「こんな家族、嫌だろ?
でも、多いんだよ最近。」
みたいな。
恐らく自分が一番嫌悪してるのだろう。
で、この対極にあるもの(理想=自分が目指すもの)が世間では単純に珍しいからそれだけ映画のネタになるということなんだと思う。


と考えるとダークで毒な部分に今回は人のワルイ悪戯が加わってる。
「複雑な気分にならないかい?」




「人気あるし、ファンがついてるからたまには自分の作りたいものを作ってみるか。
ブーイングが出ない程度で。
ジョニデもいるから致命傷にはならないだろ。」




「でもやっぱりフォローしとかないとね。」

「フォロー」=「コープスブライド」





以上、見当違いな雑感でした。




結局、僕自身はこの映画には「いまさら」感を強く感じちゃって、ストーリーが動き出す中盤からはどうにも見ていてだるかったんだけども。
「コープス・ブライド」で口直しかな。



posted by はやし at 09:34| 熊本 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

劇場感染記 「シン・シティ」


映画館で見たんだけどね。
何本か。


ちょっと前だから、なんとなく力入れて感想を書く気になれず。



ほら、あれだ、




「シン・シティ」見たぁ?




とか会話に出てこないじゃん?



なので雑感を若干思い出しながら少々。



シン・シティ.jpg




アメコミだそうです。
出てる人は結構豪華。
イライジャ・ウッドとデヴォン青木が良かった。
「スパイキッズ」ではお母さんのカーラ・クギーノはナイス目の保養!
ミッキー・ロークはもっと背筋が寒くなるほどの恐さが欲しかった。
しかし、変わったねぇ・・・
猫パンチ野郎も・・・
マイケル並に。
あとの主役二人の男はもっと迫力が欲しかった。
演出にボンバイエ、いや、文句言え?
ジェシカ・アルバはもっと派手な見せ場を作って欲しかった<これも?
デニトロは・・・無念。


とりあえずワルな奴らが女のために必死にバイオレンスって感じ。
パートカラーといわれる映像はちょっとカッコ良かった。

3人寄らば悪ふざけ。
ちなみにデニトロとクライヴ・オーウェンが車の中で二人きりになって会話するとこをタラが演出したらしい。


なんか、刺激も中途半端だったんだよねー。
かなりグロイけど。


僕が劇場で見たときは後ろに若いカップルが座ってたのだけど終わった後どうにも微妙な空気が流れていた。
そりゃ、ひくだろ。





posted by はやし at 06:44| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ヒロシです・・・


もう、冬になってたんですね・・・

道理で今これを書き込んでるときにも寒さがきっついなーと思ったわけだ。


が、しかし!


そんな寒さなんか吹き飛ばすんだ!
とおぉ!!



11日から福岡のキャナルシチーで

「FUKUOKAヒーローフェスタ2005」


が開催されてるんだ、とお!



なかなかステキなラインナップだ、とお!


詳しくはココにジャンプだ、とおお!



ガキのころ、仮面ライダーごっこで友達のあごに渾身のライダーキックを見舞って口から流血させて母親と一緒にその友達の家に菓子折りを持って謝りに行ったんだ、とおおお!
帰ったら父親の強烈なライダーパンチが待っていたんだ、ぐあっ!





あ、





映画祭、今日までだ・・・





ゴホン、

そういえば最新映画「仮面ライダー THE FIRST」がもうすぐ公開だ!
純然たる日本製のヒーロー映画!
僕の精神年齢にはちょうど合うぞ!
つーか、熊本で上映されるのか?
つーか、 {天本英世 (デジタル出演)}ってなんなんだよ!
もし出来上がりがダメダメだったらこの人に根性叩きなおしてもらうからな!!

















ヒロシです・・・.jpg

ヒロシです


posted by はやし at 05:44| 熊本 | Comment(1) | TrackBack(3) | とぴっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

こまーさる・めっせんじゃ


さてとぉ!!
髪も切ったし、リフレッシュしたぞぉ。



めっきり肌寒くなってきましたね。
と思って先週の日曜日厚着していったら27℃あったらしいですよ。
汗かきました。

「お前ぇ、バカか!!」

って、天気に喧嘩売ってました。

相変わらず僕の生活は空回りと無駄が多いです。



そんな僕でも!!



本に名前が載ったですよ!!


映画300選.jpg



熊本映画革命HINAMIのコーディネーターであり、
NPO法人ツムリ30の理事であり、
英語堪能で英会話の本も数冊書いてて、
アメリカで現地のクルー・キャスト使って映画を撮った映画監督で、
熊本在住の黒川さんが映画に関する本を出されました。


内容は30年代から各年代の基本的に名作と言われるスタンダードな作品を100本、隠れた名作を200本映画監督ならではの作り手からの視点を交えて紹介したものになってます。

タイトルには「見ずには死ねない」
「もうレンタルショップで迷わない」
との文字が躍ってます。

とにかく映画という総合芸術を根っから楽しみたいときに、
「秋の夜長って暇やわぁ」と感じるときに、
「読書の秋だしな!」って、世の風潮に流されやすい人も、
「まずは基本だよな!」と試験1ヶ月前になってテンパった受験生のごとく、


・・・・・


レンタルビデオ店に行く前に参考にするのにいい本ですよっ!



で、この本に名前が載ってるんですけどね♪

黒川さんが原稿を書く時にCiNe3。の僕とさとるさんが映画の推薦をしたのですよ。
そしたらあとがきに二人の名前載せてくださいまして!
まえがきには当ブログのコピーを書いてくださいまして!!



あ、


あざーっす!



「はじまりは映画」っす!!

興味ある人は是非あまぞんかお近くの書店で!!
posted by はやし at 18:36| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

シー・ドラが行く エピローグ

えー、撮影が終わってもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。

僕がのっそり、シー・ドラ編を書いてる間に当然世間は容赦ないスピードで動いているわけで。
例えば月に一度の銀幕酒家は2回開いたし、「風のダドゥ」の中田監督と酒の席をご一緒させてもらったし、合コンしたし、BBQしたし、ミクシィ始めたし、合コンしたし、仕事はムチャクチャ忙しかったし、合コンしたし、映画見たし、東京に帰った三田君から「馬刺し送ってください」って頼まれたし、東京に帰った矢島さんから「醤油送ってください」って頼まれたし・・・・・・



ま、それはおいおい思い出して書き込んでいくとして、せっかくなので<なにが?
映画にはどんな人たちが出てるのか御覧下さい。
ココで。




そして重大発表!!
と思ったけど発表していいかどうか確認とってなかったのでまた次回。。

別の発表。
上映会実行委員会が立ち上げられました!
というかその前に熊本での上映日が決まりました!!!



2006年1月28日(土)



場所は


熊本市民会館



これからガンガン宣伝していきますのでまずは皆さんよろしくお願い致します!!
posted by はやし at 08:58| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

シー・ドラが行く Vo.11


撮影が全て終わった日の次の日。
飲み会の次の日でもあるのだけど。

僕のラストの仕事は矢嶋さんと重藤さんと小林さんを空港に送ることだった。


朝イチ。
昨日の酒が残ってそうなのは矢嶋さんだけで小林さんと重藤さんは清々しい顔をしている。


「忘れ物ないですね〜」

出発。


空港までの道のり、小林さんと昨日話せなかった分、映画について軽く話して盛り上がる。
やっぱ、あっついな〜、このヒト。
その彼の熱いブログはコレ
今現在、東京で確実に階段を上っていってるようです。


空港に着くと時間に余裕があったのでそれぞれが土産を買いに土産物フロアへと向かう。


「これ買っとかないと」
小林さんが辛しレンコンを買う。
その前に試食。
ついでだから僕も試食。
か〜、朝っぱらからこの辛しはキクねーー。
でも、美味い!


そして、熊本の想い出にと最後に空港のラーメン屋で熊本ラーメンを食す。
市内の美味しいとこばっかり教えてそこで食べてたから「ある意味、新鮮ですね」って味の評価を矢嶋さんはしていた。
ま、空港のラーメン屋だから・・・


いよいよ、別れの時刻。
3人と固い握手を交わし、お互いに
「有難うございました」

僕は
また、必ず会えるだろうと感じてて
なんだかセンチな気分にはならなかった。

「さよなら」は別れの言葉じゃなくて、
再び会うまでの遠い約束だよね?ひろ子さん。


ゲートを越えギリギリまで手を振ってくれた3人にこちらも大きく手を振って応える。


貴重な体験をさせていただきました。
もちろん、これで終わりではないけれど
この数日間の記憶は一生忘れないだろう。
忘れるもんかい!

僕が関わった皆さん、足りないとこだらけだったにもかかわらず温かい笑顔を返してくださって有難うございました。


これからもよろしくお願いします。


はじまりは今。
posted by はやし at 06:15| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

シー・ドラが行く Vo.10


9月の初旬、約2週間の撮影期間を経て「萬花郷」はクランク・アップ。

撮影ラストの日、何人かのスタッフと役者さん達が軽く飲み会をするという情報を聞きつけた僕は1次会の場所へと駆けつけた。

撮影が終了したからか、皆けっこうはじけてる。
すでに撮影中の思い出話でいっぱい。


役者さんたちは重藤さんと矢嶋さんと宮田とやくざの子分役の小林さん。

小林さんは永瀬さんや三田君と同じSLA所属の俳優さんで先頃放映された24時間テレビのドラマにも出演していたそうだ。
すんません、見てません・・・。

今、役者という立場にいる自分がもっと枠を広がるために、と考えてらっしゃる構想をホントに熱く語ってくれた。
SLA関係者は皆さん熱い人ばかりだったけれど小林さんは自分の熱さを自分でも抑えきれないという感じでいったん点火するととことん燃え上がるのだった。



1次会でひとしきり盛り上がった後、2次会は上通りのカラオケに行くことになった。

ここぞとばかりにスパークする女性陣。
多少、あっけにとられる男性陣。


まぁまぁ、一人一曲歌おうか。

マイクが周る。

小林さん、ブルーハーツを熱唱。選曲も熱い。

宮田、イマドキのJポップを声を張り上げて歌う。

最初は遠慮していた矢嶋さん、ジュリーの「ストリッパー」を歌いだす。
歌いながらTシャツを脱ぐ。
ジーパンも脱ぐ。
パンツを半分下ろす。

・・・

いいもの見せてもらいました。

デジカメを持ってる婦女子がしっかりと撮影していたことは言うまでもない。


そこで解散だったけど僕と宮田はどこに行くというあてもなく二人で街をぶらついていた。
やつの東京でのこと、僕の近況、映画について、演技について、CiNe3。について。
ひたすら話してたら夜が明ける頃になったのでせっかくならということで車で植木方面まで走らせた。
朝日は綺麗だった。



そしてその次の日、いよいよ僕のシー・ドラとしての役割のラストを迎えることになる。
posted by はやし at 11:33| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

銀幕酒家!第十一夜!


もう2ヶ月も前のことでございやす。
HINAMIの「萬花郷」撮影も佳境に入ってCiNe3。から参加したスタッフの疲労も日に日に濃くなるばかりでしたが、さりとてCiNe3。の活動も怠ってはならぬとばかりにやっぱり月に一度は銀幕酒家!なのでございやした。
へえ。


えーっと、参加者19人。
内、初参加6人。

今回も会は賑々しく楽しく進みました。

銀幕酒家2

参加者ね



銀幕酒家4

これも


今回は久々に凄腕アマチュアミュージシャンのなおひろ君も路上に行く前に寄ってくれて相変わらずの渋い声を聴かせてくれたし、この日、たまたまUP!FIELDに来ていたほとんどプロのフルート奏者クリヤさんも素晴らしい音色を響かせてくれました。

なおひろ君は即興で「戦場のメリークリスマス」をギターで弾いてたし、クリヤさんも「ここにいる皆さんの雰囲気を『映画の会』ということで『タイタニック』の音楽にからませてやりたいと思います」と言って演奏。


ほらね、映画から繋がりあるでしょう?


この会はいつもにもましてお得な銀幕酒家!だった。



そして忘れちゃならない「萬花郷」の出演者の人たちの参加もあったわけで

銀幕酒家3


左から
石野の部下役の木部さん
極悪運転手役のエロザル宮田
やくざの竹内役の矢嶋さん
銀幕酒家2回目の熊本在住デザイナーMOMOちゃん

矢嶋さん木部さんコンビとCiNe3。東京支部宮田の初参加。

ほんと矢嶋さんは酒が好きみたいでこの日も「もう、この記憶は明日ありません」とか言っちゃっていい気分になっていた。
上の写真も目が据わってるような・・・。

でも、やくざの竹内を演じるときは哀愁漂わせながら渋みのきいた男を演じられていたよ。
東京ではVシネマとかにも出てるんだって。
普段は凄く腰が低くてまろやかな人当たり。
酒が入ったときのボケはなかなかツボを得てる。

ちなみに僕はこの後、エキストラでもう一度出たのだけど矢嶋さんとほぼ共演だった。
まぁ、本編はどうなっているか分からないけどね。



とにかくかなり遅くまで色んな話(男と女についてが多かった)に花が咲いたわけでこの日も忘れられない貴重な夜となったのでした。




posted by はやし at 03:57| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

ブレイキング


まぁ、あれですわ、せっかく写真撮ったし。

「プレイバック・アクターズ」編の状況写真です。


プレイバック・あくたーず2



左から
中国人ヤンヤン役のトム君
売り子役の渚さん
極悪運転手役の宮田
シー・ドラ
チャラ男役の瀬尾さん
映画監督役の島田さん




プレイバック・あくたーず


左から
(また)島田さん
ヤンヤンの隣人役の三田くん
ヤンヤンの兄貴役の永瀬さん
やくざの竹内役の矢嶋さん


さぁ、この中から何人のスターが生まれるのかっ!!
posted by はやし at 02:03| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

シー・ドラが行きつつ銀幕酒家(Vo.9)


HINAMI制作の映画「萬花郷」。
ただ今、黒川監督が編集中で上映は来年1月の下旬だそうです。
熊本市民会館だそうです!
オタノシミニ!
やっぱりスカートはミニ!!



撮影も佳境となっていたその日、やはり僕は熊本空港で名前の書いた紙を持って待ち人を待っていた。

僕のネームプレートを見つけ、にこやかな表情で近づいてきたその人が木部(キベ)さんで彼は主人公の一人石野という男の会社での部下という役柄。
言ってみればちょい役なわけだけどそのためにわざわざ東京からいらっしゃるその心意気たるや、僕は「押忍!」と言いながら両手をひざに置きつつ頭を下げてしまいそうだった。

木部さんはCOMPLEX−CIRCUSという軍団に属していて、それはダンスやら芝居やらコントやらその他のパフォーマンスをミックスしながら表現していくイカス団体らしい。

物静かな感じだけど目に力がある感じで芯が強そお。
ま、車の中に初対面のヤロー二人じゃ多少静かにはなるよね。
いきなりテンション高いのも変じゃん?


程なくしてゲストハウスに到着。

もう、撮影が終了してゲストハウスの人数も少なめになっていた。
そこで矢嶋さんと木部さんを会わせる。
っつっても、実はこの二人知り合い同士。


「へー!なんかの映画か舞台で一緒になったんすか?」



「いえ、居酒屋で・・・」



単純に酒飲み友達だったらしい。


で、二人とも演技に真剣に取り組んでいて今回HINAMIの東京オーディションの際、その情報を仕入れた矢嶋さんが二人のなじみの居酒屋で焼酎かっくらいながら

「きべぇ〜、おーでしょんがあるんだってよ〜」(←僕の想像)
って半開きの目で誘ったら木部さんは
「まじっすか!うけるっす!!」(←同じく)
と目を輝かせたそうだ。

そしたら、オーディションではたまたま二人は同時に受け、しかも二人とも見事合格!!



木部さんを迎えた矢嶋さんはいきなり
「おう!木部!飯食いに行こーぜ」と誘う。
「はやしさんもどうですか?」
僕も誘われる。

せっかくドライバーがいるのだから車でラーメン食べに行きますか!
って調子で東海大の近くの黒亭に食べに行く。


3人でラーメンと餃子を食べながら映画の話で軽く盛り上がる。

食べ終えると木部さんはゲストハウスへ、矢嶋さんは撮影があったので現場へとお送りすることになった。

矢嶋さんについてはまだ書いてなかったから次に書きます。
彼とは結局3度飲み会の席をご一緒させてもらった。

1度目は前に書いた俳優さんたちの宴で。
2度目はなんとCine3。企画「銀幕酒家」に来てもらったのだ!

その銀幕酒家について書こうと思ったけど長くなったので

つづく!!
posted by はやし at 01:54| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。