2005年09月01日

シーダラダッタ、シー、シー、シー {シー・ドラ番外編}


その日、僕の任務は後田さんを衣装あわせにカメラマンのミチロウさんの事務所にお連れすることだった。

車中の会話

「やっぱいい男だし、モテルでしょう?」

「いや、全然ですよー」


大体みんなそう言うんだよな・・・

とか何とか話していると僕の携帯に着信が。

内容は近々ある合コンの参加者(男)がドタキャンするというものだった。
やり取りが終わった後、後田さんがポツリと
「合コンとかするんですか?」と言ってきたので
「まぁ、ちょくちょく・・・」と返したところ、
「へぇ。いいですね・・・。」と応えられた。



「・・・行きます?」

(コンマ3秒で)「はい!」

「・・・じゃ、メンツに入れますよ」

「お願いしますっ!」


ま、5対5だったし、ちょうど誰誘おうか考えてたからいいや。


メンツ2名(後田さんと永瀬さん)が決まった。


そして当日を迎える。


やっぱウケがいい役者さんたち。

テレビの裏側の話題やら東京の話やらで盛り上がることこの上ない。
「○い○り」には脚本がある、とかね。

良かった良かった。<負け惜しみじゃなくて

2次会までいき、ゲストハウスまでお連れする。


こんな交流があってもいいよな。

熊本の想い出になったとしたらそれは僕にとっては喜ばしいことっす!
posted by はやし at 11:38| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

シー・ドラが行く Vo.1


昨日、産交バスの運転手になる夢を見たよ!
電信柱すれすれで通って冷や汗かいたよ!!
起きたら脂汗かいてたよ!!!


HINAMIの「萬花郷」の撮影が始まったのは8月の15日。
前の日「車が要るんだけど」という連絡を受けていた僕は約束の朝7:50分に道の駅大津に到着すべく車を走らせていた。

場所はなんとなくイメージできるから近くまで行ったらコンビニで聞いて確かめよう。
と思っていた僕は大体分かってはいたけど大津町に入って万全を期すために一軒のコンビニに入った。

僕「道の駅大津はどっちですか?」

店員「ああ道の駅ならこの前の道をまっすぐ行けばつきますよ」

僕「あ、こっち?(イメージと違っていたから)有難うございます」

なんだ思ったより近かったな、方角違ってたじゃん!
よかったー聞いてみて。
やっぱジモティに聞くに限るね。

と思いつつ、車を走らせること5、6分。

フンフンフフーン♪フンフンフ・・・



目の前に現れた看板には「道の駅 旭志」と書いてあった。

ポカーンですよ。

あぁのガキャアア!!!
ちゃんと道の駅お・お・づって言ったろーが!!!

やっべー!遅れる!!

すぐ電話して方向転換。
飛ばした飛ばした。


すいません20分遅れです・・・



到着先では一軒家を借りての撮影が今まさに始まろうとしていた。

どことなく漂うピリピリムード。

撮影現場を見たかったのだけどすぐ用件を言いつけられ一路宇土へ・・・

そこでさらに人と待ち合わせて車のデジカメ撮影のために車を走らせること15分。

無事写真を撮り終え、やれやれと思ったら携帯に次の指令が入る。

「東京から3人来てるから時間つぶしに付き合ってあげて!!」

「はぁ〜〜い・・・」

そこからまた下通りへと向かうのでした。



前置きが長くなっちゃったので続きはまた明日。





posted by はやし at 05:38| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

シータク・ドライバーが行く プロローグ


どうも。
ご無沙汰しております。
トラヴィス・はやしです。

HINAMIの撮影も1週間が過ぎ、なんやらかんやらありながらも順調だそうです。

だそうです。っつーのは僕が撮影現場にほんの一瞬しかいれないからであり、「じゃあ、なんにもしてないのかよ」と言われれば「微力ながらちょっとは役に立ってオJAL!」と答える。


ぼ〜くはそ〜げ〜ドォライバ〜〜〜〜
(アキラ・コバヤシのこぶし回しで)


オホン、

東京とか大阪から出演者の方々がいらっしゃるのでそれを駅や空港に迎えに行ってレスト・ハウスにお連れする役なのさ。
まぁ、全員してるわけじゃないけど・・・・。

その車中とかで色々話すわけだけど撮影現場では役に入り込んで真剣そのものの役者さんたちのプライベートな部分に触れられるということで個人的には「いい仕事」だと感じている。

ってことで僕が担当して仲良くなった(と自分では思い込んでる)人たちについて書きます。



明日から。


やったぞ!ソウタ!デビュウ戦で2得点!!!
ほほほーい、ほほほーい、ほほほいほい!!


いや、別にごまかしてません・・・
posted by はやし at 06:31| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

銀幕酒家 第十夜!

先日、月に一度のCine3。発ザッツ・コミュニケーション!銀幕酒家を開催しました。
今回も有り難い事に13名もの初参加の人を含む総勢27名の参加があり、大盛り上がり!
アップ!フィールド2階はチョー満席状態!

盛り上がったのはいいが、今回、参加者が多かったため、泣く泣く参加を見合わせていただいた人まで出てしまって、大変申し訳ないことしたなぁと思っています。
次は早めにしっかり連絡させていただきます。

うううううむ。

月に2回にしようかな・・・

迷うところだ・・・。


今回、PRタイムでは自主制作本「みち 自分らしく生きる熊本の30代30人」スタッフのナミコ・グレート氏がその「みち」を紹介。
即売会のごとく、まずそこで1冊売れ、帰りしなに3人(だったっけ?)が買って帰られました。
良かった良かった!

そう言えばナミコ氏は本の読者と知り合い、その人をそのまま銀幕酒家に連れてきてくれた。
ナイスな広がりではございませんか!

それからCine3。スタッフの(既婚者なのにコンパ好きミーティング、銀幕酒家、全出席でCine3。を先導する)あたるさんが担当するNPO法人読書普及協会の九州大会開催のお知らせ。
あたるさんは読書普及協会の熊本支部長でもあるのだ!
熊本支部が何人いるかは「ノー・コメント」だそうだ!

そんで8月後半にUP!FIELDが主催する上映会のお知らせを僕がしました。

映画だけじゃない、テイジン!
じゃない銀幕酒家!

もちろん今回も新作映画情報と新作DVD情報と新作レンタル情報もお伝えしましたことよー!



来月は2回するか?
ちょっとキビシイか・・・

今回は男性12名女性15名でございやした!

posted by はやし at 12:26| 熊本 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

Cine3。的募集


HINAMIの活動もなかなか順調に進んでおります。
あと1ヶ月経たないうちに撮影が開始されます。

そこで!!

エキストラ大募集!

総勢300人ぐらい必要なんです!

気軽に出てみないですか?

年齢、経験不問!!


Cine3。スタッフも随時募集中!

楽しく熱く、映画に関わっていこう!!

フリーペーパー「シネモヤン」作成他、今後、様々な映画イベント企画するつもりです。

全てのお問い合わせ先は

〒8620-0971
熊本市大江4−15−28−306 Cine3。事務局

FAX 096−272−1999

E−mail cinemoyan@hotmail.com





posted by はやし at 04:11| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

Cine3。的経過報告


えーっとぉ、
生きてます。

梅雨は嫌いだけどこうまで降らなかったら水不足を心配したりしませんか?
曇り空よりも蒼井そら、もとい青い空が好きだけど、この時期逆に不自然で不穏に感じたりしませんか?

そのせいとは言わないけれど、

ここんとこ、精神的ダークサイドに陥りかけ、あやうく、マスク被って「こぉーっ、ほぉぉぉー」ってな息使いするとこだった。<ウォーズマンじゃないよ

で、コーホー(広報)がうまくいってるからか、HINAMIの「サンズ」オーディションも順調に参加者が増え、かなりいい感じだそうです。
いまんとこ熊本、福岡、大阪、東京合わせて志願者が250名を超えたって!

熊本でのラストのオーディションは7月9日10日の2日間!
まだまだ募集してるよ!
映画はずっと残るよ!
気楽にオーディション受けてみて!
製作スタッフも大募集ですよ!

ふぅ・・・


このブログも個人的なものとしてやるよりスタッフが各々書けるようにしていこうと思います。
僕次第で更新が滞ったりするのはやっぱイカン。
せっかくCINEMOYANが色んな人に読まれてるというのにね。


うーむ、
まだ文章が内向的で後向きだ。


こういうときは名作映画を見て気持ちをリセットしよう。
あぁ!もぅ終わってんのかよ!!
「バッド・エデュケーション」!!!

新作映画感想もまたアップしていきますのでこれからもよろしく哀愁!!って誰の歌だったっけ?
あ、アップ上野さんとの共催BBQも大盛況のうちに終わったのでこれに味をシメタ北九州出身の30代男二人は次なる野望に向かうのでした。
8月に100人集めるぞ。<妄想

一応書いときますが僕は電波が来るような特に複雑な人間ではないです。
「電車男」よりは「笑い男」だとは思っとりますが。

僕が新しく買った車のナンバーは
「889」(ハチハチキュー)


何事もハヤく、ブログの更新もハヤくね。
神のお告げかも。
SBホークスのバティスタばりに信仰心高めつつ、笑いもとっていこう。
バティの芸人ぶりはココ

じゃ、耳鳴りがひどいのでこのへんで。


posted by はやし at 06:50| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

銀幕酒家 第九夜


部屋移動につき、パソコンが扱えませーんバッド(下向き矢印)
Cine3。スタッフの2ショットチャット好きくにちゃん(漢と書いておとこ)の家で更新してマース。

やっと電話線工事終わりましたーグッド(上向き矢印)

えっと、先日18日銀幕酒家開きました。
今回は新規参加者が7名(内飛び入り1名)るんるん
ありがたいこってす。
へへーm(__)m
2次会の源zo-neにも半数以上の人が参加してくれました。
うひょー(^.^)b

今回もまったりと楽しい時間が過ごせたと思います。
相変わらず映画の話が少ないけど・・・。
いやいや、多少はしたよexclamation
新作映画の話と新作ビデオの話は。
あと、イクイップメント・フロアの上映会も告知したし。
(さとるさん、ふらんきーの感想送ってexclamation

でも、ホントに毎回色んな職業の人、違う年代の人と話すと驚きや発見があって楽しいのはもちろん勉強させられるんだよね。
他人の考え方を聞くだけでも凄く勉強になる。
自然とコミュニティサロンのようになってる気がします。
元気を出したかったり、自分を磨きたい人もぜひ参加してみてください。
って、ちょっと大きく出てみた。

9回も毎回新しい人が参加してくれて出会いがあるということは最初やるとき考えもしなかったんですよ。「目指せ、参加者1000人」なんて吹いてたけど。

7月は恐らく23日で。
posted by はやし at 00:01| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

Cine3。的告知


もうすぐ雨かなぁ・・・
梅雨って嫌いなんだよねーバッド(下向き矢印)
あの灰色感が。

暑いのはもっと嫌いだけど・・・

暑かったっすよどんっ(衝撃)
先日ちょっと参加したダイエーのフリーマーケット。
気絶するかと思った。

しかーし、溶ける暇もなく世の中は動いてるわけでダッシュ(走り出すさま)

Cine3。がマッポシはまってる熊本映画革命(仮)の活動なんですがプロジェクト名が決まりました。
それは

HINAMI


ひなみ 【日並(み)/日▽次】


(1)暦の上での日の吉凶。ひがら。
「―がよい」
(2)毎日その事をすること。
「―の手習したるに/読本・春雨(目ひとつの神)」
(3)(日記などに記す)日の順序。   〜三省堂「大辞林 第二版」より

であります。

今からは
HINAMI〜熊本発映画革命〜

名器明記していきます。

「ハーイ!なみ!」と読まないように。

そして!このHINAMIが映画を撮るには当然出演者がいるexclamation

そのオーディションが熊本はもちろん、福岡、大阪、東京で大開催だっexclamation×2

経験不問exclamation
われこそはと思う人は積極的に参加してみようexclamation×2

詳しくはココ


(マペパペ風に)続きまして
Cine3。と密接な関係にある河原町のダイニング・バーUP!FIELD

恋が生まれたらゴメン!野外で肉も野菜もハートも焼きまくって夏を迎えよう project

を開催します。

日時;6月25日(土)19:00受付 19:30開始
場所;熊本市 新町 堀端公園
料金;食べ放題、飲み放題、出逢い放題で
男性限定25名 5000円、女性限定25名 3500円

お問い合わせ先は電話096−355−1176
チケット残りわずかだそうです。
お早めに。


最後に
Cine3。主催「銀幕酒家」6月度のお知らせ

18日(土)20時より
UP!FIELDにて

お問い合わせ先はUP!FIELDへ。



色々参加してみて梅雨のうっとおしさを吹きとばそーパンチ
シネモヤンも読んでね揺れるハート
posted by はやし at 03:04| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

Cine3。的宣伝


とぅあああぁぁっっどんっ(衝撃)<月初の気合入れ

Cine3。のフリーペーパー「シネモヤン」が出来上がりましたよっexclamation
第4号です。
不定期で出してます。
「何ヶ月に一回出しているのですか?」
とか聞かないで下さい。
「隔月ですよね?」
って問いかけには愛想笑いです。


今回の内容は「そうだ!小国シネ・ホールへ行こう!」特集と新旧(正邪?)活弁対決、その他盛り沢山exclamation×2

で、
形式も今までとガラっと変えて手作り感を出してます。
(すべてがスタッフさとるさんの手書き)
渾身の力作ですダッシュ(走り出すさま)
懇親会もやってますパンチ(銀幕酒家)


見かけたら気軽に手に取って
家に持って帰って
見て下さいm(__)m



ぴかぴか(新しい)設置場所ぴかぴか(新しい)(予定も含めて)



posted by はやし at 03:48| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

第1幕終演


さてさて、Cine3。スタッフも参加している熊本映画革命(仮)。
29日に脚本を決める最終投票がありました。

A4紙にびっちりと書かれたそれぞれの内容を皆さんホントに真剣に見られてました。
そしてexclamation
開票。

9つのアイディアにまんべんなく票が集まる中、
(Cine3。スタッフさとるさん司会)

「やはり」と思ったものが最高票を獲得しました。

うわー

決まっちゃったよ。

映画の脚本が。

ゼロから始めてこんなにも早く。

ちょっと感動です。

心地よい脱力感を味わってます。

脚本は5月31日に映革ブログにて大発表。
http://blog.drecom.jp/ei-kaku/

6月からもしっかり絡まっていこうと思います。



当日参加者106名

「アウトライン化の集い・FINAL」で不在者投票をしてくださった方が18名。
オンラインで投票してくださった方184名(うち、FAXでの投票1)。

総計308名



投票してくれた皆さん有難うございました。

あなた方の映画です。




posted by はやし at 23:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

エアー・ジャック・レモン


あー最近映画見てねーなーバッド(下向き矢印)
ナンダカンダで、見る暇ナーシむかっ(怒り)
くそぉぉぉ、藤井隆めーーーーむかっ(怒り)むかっ(怒り)

とか
ほざいてる間にあと、数時間に迫ってきましたよっっexclamation

熊本映画革命(仮)の脚本決定投票exclamation

オンライン投票は150以上集まっていそうですがさてさて会場には何人来ていただけるのか。

楽しみでドキドキしています。

で、ドキドキと言えば、

今日、熊本CityFMに映画投票の告知のために出演してきました。

MC村上隆二さんの番組「エアーグルーブ」に。

以前、シネカレッジのときに告知でFMKにも出たし、テレビタミンの伝言板コーナーにも出たことあったけど今日はまた違った緊張があったね。生だったし。<小心者ですから

次は(←いつ?)もっと滑らかにしゃべるぞーパンチ
カツヤ・コバヤシのようにーーダッシュ(走り出すさま)
posted by はやし at 03:52| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

銀幕酒家 第八夜


早いもんだ。
もう八回目か。
100回やったら「おも〜えば〜とぉおくへ〜きた〜もーんだ」(By海援隊From映画「思えば遠くへ来たもんだ」)って口ずさもう。
あ、毎回毎回ありがとねハートたち(複数ハート)UP!FIELD上野さん。

14日(土)に月イチ恒例の銀幕酒家を開いたでござるよるんるん
今回は17人が参加。
そのうち初めての人が6人でした。
で、今回もまたまた大盛況でございまして、参加した人たちに笑顔で「また呼んで下さいexclamation×2」って言われちゃって、これがまさに「やってて良かった」って瞬間なんだよね。
いやいやしかし、銀幕酒家はその場限りでただ楽しむだけのイベントではござんせん・まさお(By水島真司From「ドカベン」)

な・か・ま
な・か・ま
な〜か〜ま〜作りです。

Cine3。のね。

僕らが色々な情報の中継地点になれればと思ってやってます。
もちろんCine3。の情報も発信しつつね。
今のところ色んな人が集まってくれるからなかなかの交流ができてる気がします。

みんなそれぞれ話が盛り上がる盛り上がる。

そうそう今回はアマチュア凄腕ミュ−ジシャンのなおひろ君も路上ライブに行く前にチラッと寄ってくれてなんと2曲も弾き語ってくれました。(一曲は山まさの「ワン・モア・タイム・ワン・モア・チャンス」もう1曲はオリジナル)
しかし、ホントうまいですよ、彼は。みんな聴き惚れてたよ揺れるハート
何故彼と出会ったかはいづれ書きますぴかぴか(新しい)

PRタイムでは市内南坪井のカフェ「イクイップメント・カフェ」での上映会をお知らせさせていただきました。(これについては次の記事にて)
っつーか、オープンマイク形式だとそれぞれが会話を止めてしまうから僕が個人的に水面下で動いたんだけど。「007 オクトパシー」のワニ型潜水艦に乗るボンドのように。

あと、Cine3。瓦版を作ってきたので参加者に配布。
{今日からはじまる新作映画}と{新作ビデオ情報}をお知らせひらめき
ね、ちょっと映画の飲み会っぽいでしょ?
ちなみに「花と蛇2」がみんな気になるらしく、色んな人から質問を浴びた。
SM文学作家、団鬼六の原作を杉本彩が体当たりで熱演した映画。
彼女にとっては普通だったりしてー(長音記号1)

11時を回った頃、宴もタケナワ。
僕の背後からちょっと冷めた目で上野さんが静かに
「・・・あの・・・11時回りましたよむかっ(怒り)

あ!今日は11時で切り上げて2次会で別の場所に向かうんだったあせあせ(飛び散る汗)
そのまま8人が2次会「源zoーne」へ。
そこに上野さんとまた、新たに4人加わって夜はエンドレスに続くのでした。

わざわざ店開けてくれてありがとうございました、元さんダッシュ(走り出すさま)

6月は11か18でやるぞexclamation
posted by はやし at 20:17| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ハイランダー4



世間はGW真っ只中ぴかぴか(新しい)
え?何が黄金?と一人でふてくされてる僕です。

行楽日和が続くそうですが、遠出しなくても熊本には阿蘇という素晴らしいスポットがあるわけで、とりあえず遠くに行くのはキッツイなーと思う人でも阿蘇ならGo!となりません?
はい、確かに道はこむからちょっとだるいかもしれんけどまぁそれはどこへ行くのも一緒だしね。

で、その「どこかへ行こうか」「日帰りで」って人にちょっと参考になりそうないいスポットがありますぜるんるん

ハイランド オ・グ・ニexclamation


どお?
言わずと知れたナイススポットだけど。

先日、Cine3。スタッフ4人で行ってきました。
ただの遊びで行ったのではなく今後Cine3。の重要な企画のための視察。

いやぁ、よかったよ。

市内某所に待ち合わせて車で約1時間半<近くねぇ?
空気はうまいし、
飯は美味い所がいっぱいあるし、(実際どこで食べるか迷うほど)
散策するのも飽きないし、
けやき水源

↑けやき水源

右にチラッと映ってるのがサツキとメイが遊んでそうな大木。中が空洞になっていてくぐることが出来る。くぐると運がよくなるそうだ。

なんといっても小国シネ・ホールという映画館もあるひらめき

そう、企画のスタートはこの地に映画館があるからで、ここにからませた企画を考えているのでRグッド(上向き矢印)

ま、近いうちに企画の詳細は記事にするとして
この日、小国を堪能した僕らは締めに温泉に入ることに。

そうだ!杖立に行こう!

だって今ちょうど鯉が泳いでいるものexclamation×2

小国中心部から車で7,8分。
壮大な景色が僕らを待っていた。

杖立の鯉


しばし、見とれる30代男女4人。

僕が「これ全部売ったらいくらになるだろう。」
としょーもないこと考えてたことは他の3人は知る由もない。

で、ここで男女に分かれて温泉へ。
お湯の質もいいざますねー、まことに。
疲れがとれた気がした。

満足満足るんるん

一日遊んで視察してみて小国周辺を堪能した僕らは俄然、企画へやる気を出すのでありました。

Cine3。企画のときはもっとたくさん写真もアップしますね。

鯉は5月15日までやってるそうです。
posted by はやし at 15:54| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

アタック・難波ーハーフ


先日、仕事で大阪に行ってきました。
15年ぶりの大阪はなんとなく華やいでいるようにもしょぼくれているようにも見えました。
宿は難波のほぼ真中のホテル。
一泊4800円ナリ。<安いでしょ
(到着するまでシングルでなくてプチシングルってのが気になってたけど一人で過ごすには充分でした)

その日、僕と上司2人は仕事終わって焼肉食いに行き、
十分腹いっぱいになって次に行ったのが

・・・

オカマバー。

人生初体験exclamation

3人で店に入るとお客は一人もいなくてオカマさんたち6人がテーブルにつく。
恐る恐る見回してみるとこれがみんな美形!(ま、元々の顔かどうかは恐くて質問できなかったけど)
「はー、街を歩いてる女の子より綺麗だねー」
って思いながらも先ずは3人で乾杯。
僕の上司が「みんな飲んでいいよ」っておかまさん達に言ったら、

声を合わせて

「オカマ、飲みま〜すハートたち(複数ハート)

プーダッシュ(走り出すさま)
僕の気持ちは先ずここでつかまれた。

で、たわいのない話(9割下ネタ)をしていたら上司が僕を指して「こいつは映画オタクなんだ」って言ったもんだからそこから映画トークに突入!
あの・・・
彼女(?)たち、かなり映画見てます。はい。

「ねーねー、『鬼龍院花子の生涯』(1982)見たぁ?」とか「『疑惑』(1982)って面白かったよねぇ」とか「『鬼畜』(1978)の大竹しのぶがさぁ・・・」とか、なんか久々に邦画の話題で盛り上がれて僕もすこぶる楽しかったです。

他にもジブリの話題になったときは「どれが一番好きィ?」って言われたので「あ、僕はハウルです・・・」の「僕はハ」まで言ったら「私はねぇ!『魔女の宅急便』!!」ってかぶせてくるし、(聞く気ゼロかよ)違うニューハーフが「私も好きなのにっどんっ(衝撃)あんたと一緒ってけったくそ悪ぃわぁどんっ(衝撃)死ね爆弾」とかからむし、ママさんは「ぼぉぉぉぉ」って言いながらトトロの物まねするし・・・
全く飽きません。

そうそう、「『ブリジットジョーンズの日記』とかは好きなの?」って聞いたらこれまたみんなして手を顔の前で振って「ああ、ダメダメ、あんなの」ってな反応でそれには大いに笑わせていただきました。

あっという間の3時間だったなぁわーい(嬉しい顔)
また行きたいかも。

ちなみにママさんでオーナーの たく丸 れい さんは僕は知らなかったんだけどテレビにも出てる割と有名人なんだって。
熊本帰ってきて話したら何人か知ってたもんね。
あと、歌舞伎座の舞台でもしっかりと踊れる人だそうだ。すげー。
東雲楼(しののめろう) 女の乱」(1994)の話になったときは「舞を踊るときは肩から上には手は上げないのよ。あれは上がってたから違うのよね」って言ってた。ホー。


店の場所は道頓堀の近くだったかな?

そう言えば「道頓堀川」って映画もあったな。
貞淑な名家の婦人松坂慶子が若き真田ピロゆきに走ってしまうという非常に濃い情念のお話。
監督は深作欣二。


「鬼龍院花子の生涯」
監督: 五社英雄 原作: 宮尾登美子
出演: 仲代達矢、岩下志麻、夏目雅子、仙道敦子

「疑惑」
監督: 野村芳太郎 原作: 松本清張
出演: 桃井かおり、岩下志麻

「鬼畜」
監督: 野村芳太郎 原作: 松本清張
出演: 緒形拳、岩下志麻、小川真由美、大滝秀治

「東雲楼(しののめろう) 女の乱」
監督: 関本郁夫
出演: かたせ梨乃、斉藤慶子、南野陽子、鳥越マリ、中野みゆき


posted by はやし at 14:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

銀幕酒家! 第七夜


ちょっと前になっちゃったけど銀幕酒家 第七夜を4月16日の土曜日に開催しました。
大体第2か第3土曜日にやることが定着しつつあります。
今回ももちろん会場は河原町アップフィールドるんるん

初参加は2名。
総勢16人。(内訳;女性7人、男性9人)
コンパじゃないから男女同数ではないのだ。
今回はリピートで来てくれた人が多かったのでかなりフレンドリーな雰囲気でした。
いや、いつもわいわいしてフレンドリーな雰囲気いっぱいだけど、始めのほうは知らない人同士だから軽い緊張感が漂うわけでそれに比べたらってことね。

コンセプトはコミュニケーションだから必ず映画の話をしなければならないという規則もなく、お互いが友達になってくれれば有難い事。
そこで僕らCine3。の活動(予定)に「面白そうだ」と感じてくれる人が出てきてくれればなおサイコーです。
ということで「映画の飲み会」の名目には当てはまらないながらもその夜も色々な話題で場は盛り上がっていきました。

今回ももちろんPRタイムを設けました。
次の日が本番だった「ハイパー名刺交換会」の全員へのアンケート取り。
それからこれは僕がそれぞれに伝えていった「熊本映画革命の動き」に関して。
それと、以前Cine3。イベントに参加してくれたHさんの家族で経営オープンさせたペンションの紹介。(かなり評判良かったよ)

知らなかった(自分の興味がある)情報を知ることって楽しいもんですよね。

・・・えーっと映画の話もちょこちょこっとありましたよexclamation
インファナルアフェアV」とか「マスク2」とか「エイプリルの七面鳥」とか「エターナル・サンシャイン」とか「ノーマンズ・ランド」とか・・・

何回も書くけど、仲間が増えるってのはいいことだ。
次の日の「ハイパー名刺交換会」も銀幕酒家の友達と参加できたしね。
早くも来月が楽しみです。

もし、銀幕酒家に参加したという人がいたらまずは河原町アップ!フィールドに遊びにきてくださいexclamation×2

posted by はやし at 23:54| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

ハイティーン・チェリー・ブギ


あの頃、僕は「桜」だった・・・
ってそういう話ではなく、いや、半分そういう話なんだけど、とにかく桜が一気に満開ではないですかexclamation&question

先日、9時過ぎに思い立って熊本城に行ってみたけど夜桜もいいもんですね。
夜桜を酒なしでじっくり見たのは何年ぶりだろう。
光に浮かぶ桜のそのバックにある勇壮さもまたよしexclamationでした。
yozakura-1.jpg

3月30日の百人花見は花はおろか蕾さえ見えなかったから実質、初めての花見。
ミョーに気持ちが和みました。

やっぱり熊本城はいいっすね。
夜間は21時まで開いてるし、「お花見プラザ」だっけ?椅子とテーブルが設置してあるスポット(その周りには屋台)なんてあって便利。まぁ、今の時期はかなりごった返すだろうけどあせあせ(飛び散る汗)

そうそう、ちょっと宣伝を。
僕の知り合いの(通称)元さんが宅配バーベキューの仕事をされてます。
今の時期だったら例えば
「(指定する場所)で花見がしたい!」
と連絡すると場所取りから器具の準備、食材の準備、テーブルと椅子の設置、ごみ処理、後片付けまで全てやってくれるので特に幹事さんなんか楽チンです。
詳しく話を聞きたい人は
TEL 096−352−5187

FAX 096−352−5763

へどうぞ。

話はちょっと戻って桜を眺めてると「桜の木の下には死体が埋まっている。人の血で花が赤みがかる」ってどこかで聞いた迷信を思い出しました。

どこだったかな・・・
あ、たぶん、「桜の樹の下で」(1989)だ。

この映画、主人公のオッサン(津川雅彦)に愛人(岩下志麻)がいて、しかし、エロオヤジはその愛人の娘(七瀬なつみ)と関係を重ねるようになって、重ねに重ねむかっ(怒り)、重ねまくって、結局、愛人にそれがばれて、愛人は哀しい最期を迎えて、娘も男の元を去り、男は「あ〜あ・・・」で終幕というあえて語るほどの内容でもない映画なんだけど、この映画がビデオ化された当時の僕はまだ、覚えたての少年だったわけで、興味はあるけどとてもAVを借りるほどの勇気はないから、この映画を借りることが大人の階段のーぼるーだったんです。

押えきれない強烈な(リビドーという名の)興味を持ってどきどきしながらカウンターに持っていったなぁ。(こういうときに限って若い女の子が店員だったりする。狭い店内で30分以上パッケージを持ったまま、踏ん切りがつかなかったりする。)

当時、津川雅彦の出てる映画にはエロがあるぴかぴか(新しい)ってチェックは、してたのよね。
青臭い思い出だぜ。<夜桜とのギャップがたらーっ(汗)

しかし、七瀬なつみはその後、映画も出つつ、割とテレビドラマの仕事が増え、お昼の連続ドラマでいいお母さん役をやってるのを見かけたときには時の流れを感じたな。
僕もレンタル店のカウンターにどんなに可愛い女の子がいようが何本もAV持っていけるいい大人(?)になったし・・・
フッ( -_-)y-~~~・・・
posted by はやし at 15:08| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

フリー・ペーパー・ムーン


ただ、映画が好きなだけ、全くの素人集団Cine3。が大きな大きな目標に向かって先ず取り組んだのがフリーペーパー作成でした。

映画について色々と情報を発信していこう!
と思ったのですが、コアで最新の情報を仕入れることなど出来ない・・・
雑誌やネットには勝てないバッド(下向き矢印)

そこで話し合った結果、
自分達の映画環境ってどうなの?
身近なところを取り上げて再確認してみるってのは?
スタッフの得意分野を生かせたらいいね。
といったところをわかりやすく、親しみ持ってもらえるように(読んでもらえるように)作り上げていこうとなったのでした。

やっぱ、地元愛ですぜぴかぴか(新しい)

タイトルは?

いろいろ案が出ましたが、熊本色打ち出そうということで熊本といえば?で挙がった「おてもやん」に映画を引っ付けて

CINEMOYAN

に決定。

憶えやすくていいでしょ?


記念すべき第1号の巻頭特集は天草映画祭exclamation<地元?
実行委員長の柿久氏にインタビューを敢行しました。
その他の記事はスタッフのおひまこさんの人脈を生かした外国人への異国映画事情インタビュー、
映画に関わる書籍のオススメ、
映画コラム、
やっぱり、入れときたい市内映画情報などなど。
(印刷はスタッフの知り合いの印刷屋さんのご好意でかなり安くしてもらった)

わずか4ページの記事なのにかなりの労力を使った気が・・・

でも、出来上がったときの充実感は何物にも代え難いんですよね。

そうそう、出来て満足してちゃイカン、より多くの人に見てもらわねば!
っつーことで市内を中心に映画が好きな人たちが集まるであろう場所に設置!
僕らみたいな集団がいるよ!ってアピールだexclamation×2

こうして、なんとか、僕らはなんとかその一歩を踏み出したのでありました。


そして、

今現在、第3号まで発行済。

第4号の制作に取り掛かってるところです。

バックナンバーの内容については、いづれ、CINEMOYAN WEBとしてHP作成してそこにアップする予定です。

そこで出会った人たちや新たに噴出した悩みは、おいおい記事にしていきます。







posted by はやし at 08:55| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

A New Hope


4月1日というのに洒落たジョークの一つも言えず、気付けばヤバイ!もう4日も更新怠ってるぞぉがく〜(落胆した顔)
初年度の始まりということで我がCine3。の成り立ちなんかを書いてみることにします。

元々シネカレッジという団体があってそれはどういう団体かというと毎月一度、熊本在住の映画に深く関わりがある人を講師に迎えて講演をしてもらうという企画を運営していて、当然、それは映画が好きな人間で構成されていたわけです。
みんな本業がありながら可能な限り、時間を取って映画に対する情熱をそのまま活動にぶつけてました。
大変なことや失敗も多かったけど、楽しかった。
充実してた。
映画がもっと好きになった。ような気がします。

2年でシネカレッジの活動は終了したのだけど、「まだ、やり足りない、もっと活動続けたい」っていう人間だけで新たに作ったのがCine3。
シネカレッジ時代の講演会や上映会における初めて会う人たちとのコミュニケーションのあり方に何らかの可能性を感じてた有志は、その大きな形、映画祭を熊本で出来たら、との思いを活動理念として、一歩を踏み出したのでした。

が、しかし、目標のでかさの割に僕らの力はあまりにも小さい。
実際、「映画祭ってメチャクチャ大変だぞ。簡単に出来ないよ」ぐらいの認識しかなかった。
全く持ってお話にならない。
じゃ、どうする?
やっぱ、映画見て楽しんでおくだけでいいんじゃない・・・
映画好きサークルにしとく?


でも、何か小さなことでもいいから出来るんじゃない?
そうだそうだ、こつこつやってたら道は開けるかもしれない。
とにかくやろう。

ってことで僕らが先ずはじめたのが
(以下、明日に続く)
posted by はやし at 23:40| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

ブライト・ライツ・ビッグ・バーチャル


卒業のシーズンですね。
新たな世界へ旅立つ人も多いことでしょう。
心機一転、今までの自分を変えようとリ・スタートを決めた人もいるでしょう。
支配からの卒業で、心が軽くなった人もいるでしょう。
盗んだバイクで走り出すでしょう。
今だけは悲しい歌聞きたくないでしょう。<懐メロね

別れがあれば出会いがある。
別れがあれば再会もある。

僕が北九州ではっちゃけてた10年前、(予備校時代)
僕ら浪人生に一人の女子高生が交じってて一緒になって遊んでた。<勉強ではない。
軽バンの荷台に乗せて博多まで遊びに行ったりとか、ただ、ゲーセンやマックでだらだらしてたりとか。
年上にも臆さない性格で僕らの仲間内でも可愛がられてて、というか本気で付き合おうとした仲間は一人だけではなかった。

僕は熊本に来て仲間とも数年会えず、当然その女の子のことも記憶から消去されつつあったんだけど、去年そいつと偶然再会した。
ただの再会ではなく、一方的な再会。
奴はテレビの画面にいた。

さんまの「恋のから騒ぎ」に出てた。

「あれ、こいつ、どっかでみたことあるぞ・・・。名前はえーと、、、、あーーーーひらめきこいつ、あいつだーーーーexclamation
「へぇぇぇぇ、いい女になっちゃってまぁダッシュ(走り出すさま)
「今なにやってんの??は?そんなことやってんの!あいつらしいなー。普通じゃなかったもんな。」

ノリのいい性格は相変わらずだった。
この10年、奴はどういう歴史を歩いたんだろう?
話したくても話せない、から、知る由もない。
僕は毎週眺めるだけ。
そして奴は番組を卒業。
また別れ。

北九州時代の思い出が毎週甦っては消え、甦っては消え、で、今回の卒業で接点がひとつ消えたようで、妙に切なくなったりした。
なんか変な経験したなぁ。

「再会の街」(1988)のマイケル・Jみたいにドツボにはまるまではなかったけどね。
でも、予備校時代の自堕落な生活はこの映画の雰囲気と微妙にシンクロする。
僕の場合、フィービー・ケイツに当たる人間はいなかったけど。
でも、ラストシーンのNYの夜明けみたいな風景は今現在、強烈に見たい気分。
(「再会の街」はビデオ廃盤、DVDも出ていません)
bright lights big city.bmp

ちなみに昨日たまたま仕事で北九州に行ったけどあの街の変わりようは「ダークシティ」(1998)かと思ったってのはカッコつけすぎ?
思い出(記憶)がなくなったのは事実。
都市発展に埋もれちゃったいどんっ(衝撃)

dark city.bmp
posted by はやし at 23:50| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

銀幕酒家! 第六夜


19日は月に一度の銀幕懇親会(仮)だったーパンチ
って、それはそうと、(仮)のタイトルがついに決定exclamation

銀幕酒家ぎんまくしゅか


でござる。
まぁ、なんとなく酒家(中国語?)って語感が宴会の華やかなイメージを想起させるじゃない?
だから銀幕酒家。6回目の開催だから第六夜ね。

映画がちょっとでも好き、もしくは好きな映画が一つでもあるという人なら誰でも参加OKのこの飲み会。
今回もはじめて参加した人が9人もいて、またまた出会いからの世界が広がっちゃったなーわーい(嬉しい顔)
今まで以上に映画の話が盛り上がったし。
(たいてい、全体的な会話の中身は映画以外のことが多い。いろんな職業の人が集まるからお互いのこと自体で話が盛り上がる。)

今回のPRタイムはやる気いっぱい集団アーリーバードが主催する「ハイパー名刺交換会」(4月半ば)とアップ!フィールドとアウトドア専門店主催の「百人花見」(3/26)について。ちなみに百人花見はCine3。関連イベントに一度でも参加した人ならほんのちょっと参加費が安くなる。<ありがとぅ!上野さん!!
二つともまたまた、出会いがたくさんありそうな企画でしょ?
僕はどっちも参加しまーす手(チョキ)

開始はいつも20:00からで、だいたい0:00くらいまで賑々しくやるんだけど、今回はえらくまったりしちゃって最後に残ったメンツがお開きしたのが4:00だった・・・
ホントにいろいろ話したなぁぴかぴか(新しい)

映画については「香港国際警察」と「約三十の嘘」、「攻殻機動隊」、「ラブ・アクチュアリー」、「ブリジット・ジョーンズの日記」、「エターナル・サンシャイン」、「ローレライ」とかが話題に上りました。
でも、一番盛り上がるのはやっぱり恋愛話ムードだったかな・・・

今回の参加人数は21人でしたひらめき
posted by はやし at 23:51| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。