2005年10月05日

シー・ドラが行きつつ銀幕酒家(Vo.9)


HINAMI制作の映画「萬花郷」。
ただ今、黒川監督が編集中で上映は来年1月の下旬だそうです。
熊本市民会館だそうです!
オタノシミニ!
やっぱりスカートはミニ!!



撮影も佳境となっていたその日、やはり僕は熊本空港で名前の書いた紙を持って待ち人を待っていた。

僕のネームプレートを見つけ、にこやかな表情で近づいてきたその人が木部(キベ)さんで彼は主人公の一人石野という男の会社での部下という役柄。
言ってみればちょい役なわけだけどそのためにわざわざ東京からいらっしゃるその心意気たるや、僕は「押忍!」と言いながら両手をひざに置きつつ頭を下げてしまいそうだった。

木部さんはCOMPLEX−CIRCUSという軍団に属していて、それはダンスやら芝居やらコントやらその他のパフォーマンスをミックスしながら表現していくイカス団体らしい。

物静かな感じだけど目に力がある感じで芯が強そお。
ま、車の中に初対面のヤロー二人じゃ多少静かにはなるよね。
いきなりテンション高いのも変じゃん?


程なくしてゲストハウスに到着。

もう、撮影が終了してゲストハウスの人数も少なめになっていた。
そこで矢嶋さんと木部さんを会わせる。
っつっても、実はこの二人知り合い同士。


「へー!なんかの映画か舞台で一緒になったんすか?」



「いえ、居酒屋で・・・」



単純に酒飲み友達だったらしい。


で、二人とも演技に真剣に取り組んでいて今回HINAMIの東京オーディションの際、その情報を仕入れた矢嶋さんが二人のなじみの居酒屋で焼酎かっくらいながら

「きべぇ〜、おーでしょんがあるんだってよ〜」(←僕の想像)
って半開きの目で誘ったら木部さんは
「まじっすか!うけるっす!!」(←同じく)
と目を輝かせたそうだ。

そしたら、オーディションではたまたま二人は同時に受け、しかも二人とも見事合格!!



木部さんを迎えた矢嶋さんはいきなり
「おう!木部!飯食いに行こーぜ」と誘う。
「はやしさんもどうですか?」
僕も誘われる。

せっかくドライバーがいるのだから車でラーメン食べに行きますか!
って調子で東海大の近くの黒亭に食べに行く。


3人でラーメンと餃子を食べながら映画の話で軽く盛り上がる。

食べ終えると木部さんはゲストハウスへ、矢嶋さんは撮影があったので現場へとお送りすることになった。

矢嶋さんについてはまだ書いてなかったから次に書きます。
彼とは結局3度飲み会の席をご一緒させてもらった。

1度目は前に書いた俳優さんたちの宴で。
2度目はなんとCine3。企画「銀幕酒家」に来てもらったのだ!

その銀幕酒家について書こうと思ったけど長くなったので

つづく!!
posted by はやし at 01:54| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。