2005年09月28日

プレイバック・アクターズ 後編


熊本発!映画「萬花郷」!詳しくはこちら

いや、たまに書いとかないと一体何の記事なんだって思われるから。


その映画の中では極悪運転手役の宮田。

こやつは他のアクターの皆さんと違ってなんで僕がこんな扱いをしているかというとそれは彼が

Cine3。東京支部の人間だからである!!


もともとCine3。の前身シネカレッジからの仲間でありちょうどCine3。を立ち上げたときに「おれ、役者になる!」っつって東京に旅立っていき、東京で舞台やらなんやら俳優業に携わり、その中で今回のオーディションを受け、見事凱旋出演を勝ち取ったのであった。

年上にも臆さない性格の割にバカだけど礼儀もちゃんとわきまえててバカだけど一本気なヤツなのでバカでエロいけど誰からも愛されてる。

まぁ、以前書いた俳優さん達交じりの合コンにも来てて、飲み友達でもあるわけだ。


で!!

飲み会の話に戻るよ!!



飲み始めて2時間くらいたった頃、会話の中身が必然的にマジな演技論へと変わっていった。

おお!まさかとは思ったが普通に演技者達の生の演技論が聞けるとは!
これを聞きたいからこの飲み会に参加したってのもあったんだよね。

ある人は「舞台は練習して練習して本番に最高のものを見せるけど、映画の撮影ってのは1度のテストがあるぐらいで・・・」とやりきれない様子。
それに対して映像経験者の人たちは「それまでに準備しとけばいいんですよ」とか「映像はそういうもんなんですよ」とアドバイス。

しかし、酒が進んでいたからか、それでも納得しない(−映倫ー)さんは「いや、僕にはそこまでの力はないんです!映像には不向きなんです!」とマイナス方面に熱くなる一方。
それに対してまた(−映倫ー)さんが「いいじゃないですかそれで。それはそれで自分の中で思っていればいいわけで人に言うことじゃないですよ。」とクールに熱い。
そこでまた、別の(ー映倫ー)さんが「気持ちはわかります!けど、そこから進まなきゃダメなんですよ!」と二人をなだめるようでいてやっぱり熱い。
そしてさらに(ーエロザルー)が「そんなの(映像に対する違和感のこと)は演技始めて1年目の人が言うセリフですよ」と厳しく突っ込んだりする。


凄ぇなぁ。

マジなんだなぁ。

その世界に全くいない僕はちょっと感心しながらそのやり取りを静観してた。

その話が一段落すると一様に酒が進んだ皆さんは多少壊れ気味でまたまた楽しい宴となっていく。

クールな兄貴だった永瀬さんは島田さんの関西弁を真似しボビー・オロゴンのモノマネ(似てる!)を連発し、見た目チャラいけど熱い瀬尾君は「東京の人は恐い」とかサラっと言うし、三田君は異次元の話題のつなげ方で天然ぶりを炸裂させ、トム君はどなたかについて怒りの形相で毒を吐きまくり、渚さんはそんなトム君をなだめ、矢嶋さんは美味しいボケを連発し笑いを誘い、宮田は一生懸命ツッコんでる。

あ、ちなみに皿に食べ物が一つ残っていたとき、矢嶋さんが

「お、関東の一個残し!」

って言ってたから熊本だけじゃなくて日本全国どこでもそうなんだね。



結局、4時間以上そこにいた。

いい経験させてもらいました。
本当に楽しかったです。

みんな「熊本の人たちはいい人ばっかで温かい」って言ってたよ!


posted by はやし at 07:01| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。