2005年08月26日

シー・ドラが行く Vo.3


その日の指令は「直接熊本駅に出迎え」だった。

来るのは男女一人ずつ。
顔がわからないから名前を書いた紙を掲げて待つようにとのこと。
おもいきりへったくそな字で画用紙に名前を書き、胸の前に掲げて彼らの到着を待つことに。

空港なら分かるよ。駅でやるか?

と、言わんばかりの視線を行き交う人々は僕に投げかけていた。

しょーがねーだろ!顔知らねーんだもん!

と心の中でつぶやく。


しかし・・・

彼らは約束の時間20分すぎても現れない・・・

いや、電車は着いてる筈だから僕のこの(恥ずかしい)字を見落としたかな?

とちょっと不安になってると司令部から連絡が。

「駅のコンビニにいるそうです。しっかりしやがれ、このぼけぇ」
(後半は想像)

どうやらすれ違ったが気付かれなかったようだ。
すいません・・・仕事の出来ない男で。


あわてて行ってみるとクールビューティが関西弁を操りつつ歩み寄ってきた。

「あ、田代さんですか?すいません!!!!」
僕は超高速でペコペコ平謝り。

その近くにいた島田さんにもようやく巡り会い、やっとゲストハウスへと向かう。

二人とも同じ事務所に所属していて島田さんは僕と同い年。
主に舞台で活躍されてるそうだ。
彼は映画の中での映画監督役。

田代さんは・・・
げぇ、16歳????
へーーー!
彼女は後半に出てくる謎の美少女役。

「大人びてますねー、よく言われるでしょ?」

「まぁ、そうですね」←クール

でも、つんつんした感じでもなく、礼儀は正しいし、まったく嫌な印象を感じない。

このへんはすでにプロなのかもね。


僕が最近たまたま大阪に行ったのでその話題で盛り上がってる中、僕が「たこ焼きは熊本も美味しいですよ!」と言うと一呼吸置いて島田さん、

「たこ焼きはどうかな・・・」

そのときバックミラーに映る彼の目の奥がキラーンと光っていた。
おおぅ、郷土愛!


そんなこんなでゲストハウスに無事たどり着き、荷物を降ろして先日到着した永瀬さん、後田さんと二人を面通しさせる。

そのとき、僕の背後からなぜか眩しい光が!!!
そのとき僕が見たものは!!!
posted by はやし at 14:34| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6257184

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。