2005年04月29日

アタック・難波ーハーフ


先日、仕事で大阪に行ってきました。
15年ぶりの大阪はなんとなく華やいでいるようにもしょぼくれているようにも見えました。
宿は難波のほぼ真中のホテル。
一泊4800円ナリ。<安いでしょ
(到着するまでシングルでなくてプチシングルってのが気になってたけど一人で過ごすには充分でした)

その日、僕と上司2人は仕事終わって焼肉食いに行き、
十分腹いっぱいになって次に行ったのが

・・・

オカマバー。

人生初体験exclamation

3人で店に入るとお客は一人もいなくてオカマさんたち6人がテーブルにつく。
恐る恐る見回してみるとこれがみんな美形!(ま、元々の顔かどうかは恐くて質問できなかったけど)
「はー、街を歩いてる女の子より綺麗だねー」
って思いながらも先ずは3人で乾杯。
僕の上司が「みんな飲んでいいよ」っておかまさん達に言ったら、

声を合わせて

「オカマ、飲みま〜すハートたち(複数ハート)

プーダッシュ(走り出すさま)
僕の気持ちは先ずここでつかまれた。

で、たわいのない話(9割下ネタ)をしていたら上司が僕を指して「こいつは映画オタクなんだ」って言ったもんだからそこから映画トークに突入!
あの・・・
彼女(?)たち、かなり映画見てます。はい。

「ねーねー、『鬼龍院花子の生涯』(1982)見たぁ?」とか「『疑惑』(1982)って面白かったよねぇ」とか「『鬼畜』(1978)の大竹しのぶがさぁ・・・」とか、なんか久々に邦画の話題で盛り上がれて僕もすこぶる楽しかったです。

他にもジブリの話題になったときは「どれが一番好きィ?」って言われたので「あ、僕はハウルです・・・」の「僕はハ」まで言ったら「私はねぇ!『魔女の宅急便』!!」ってかぶせてくるし、(聞く気ゼロかよ)違うニューハーフが「私も好きなのにっどんっ(衝撃)あんたと一緒ってけったくそ悪ぃわぁどんっ(衝撃)死ね爆弾」とかからむし、ママさんは「ぼぉぉぉぉ」って言いながらトトロの物まねするし・・・
全く飽きません。

そうそう、「『ブリジットジョーンズの日記』とかは好きなの?」って聞いたらこれまたみんなして手を顔の前で振って「ああ、ダメダメ、あんなの」ってな反応でそれには大いに笑わせていただきました。

あっという間の3時間だったなぁわーい(嬉しい顔)
また行きたいかも。

ちなみにママさんでオーナーの たく丸 れい さんは僕は知らなかったんだけどテレビにも出てる割と有名人なんだって。
熊本帰ってきて話したら何人か知ってたもんね。
あと、歌舞伎座の舞台でもしっかりと踊れる人だそうだ。すげー。
東雲楼(しののめろう) 女の乱」(1994)の話になったときは「舞を踊るときは肩から上には手は上げないのよ。あれは上がってたから違うのよね」って言ってた。ホー。


店の場所は道頓堀の近くだったかな?

そう言えば「道頓堀川」って映画もあったな。
貞淑な名家の婦人松坂慶子が若き真田ピロゆきに走ってしまうという非常に濃い情念のお話。
監督は深作欣二。


「鬼龍院花子の生涯」
監督: 五社英雄 原作: 宮尾登美子
出演: 仲代達矢、岩下志麻、夏目雅子、仙道敦子

「疑惑」
監督: 野村芳太郎 原作: 松本清張
出演: 桃井かおり、岩下志麻

「鬼畜」
監督: 野村芳太郎 原作: 松本清張
出演: 緒形拳、岩下志麻、小川真由美、大滝秀治

「東雲楼(しののめろう) 女の乱」
監督: 関本郁夫
出演: かたせ梨乃、斉藤慶子、南野陽子、鳥越マリ、中野みゆき


posted by はやし at 14:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3215520

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。