2005年12月18日

レンタルメモリ「ラブ・アクチュアリー」

らぶ・あくちゅあり.bmp




「クリスマスの夜、10人以上の群像劇、テーマは愛」つながりで。

恋人と見るにはうってつけのあったかラブストーリー。




ストーリーは

12月のロンドン。
クリスマスを目前に控え、誰もが愛を求め、愛をカタチにしようと浮き足立つ季節。
新たに英国の首相となったデヴィッドは、国民の熱い期待とは裏腹に、ひと目惚れした秘書のナタリーのことで頭がいっぱい。
一方街では、最愛の妻を亡くした男が、初恋が原因とも知らず元気をなくした義理の息子に気を揉み、恋人に裏切られ傷心の作家は言葉の通じないポルトガル人家政婦に恋をしてしまい、夫の不審な行動に妻の疑惑が芽生え、内気なOLの2年7ヵ月の片想いは新たな展開を迎えようとしていた…。


こんな感じ。


制作が「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」のスタッフと同じでイギリス作品らしい皮肉がきいたユーモアが全編通して感じられます。


で、
コテコテなんだけどね。
お話一つ一つは。

たくさんのエピソード、登場人物にそれぞれ感情移入できるんすよ。
恋のさやあてにおけるちょっとした感情の駆け引きとか。
ホント、微笑ましい。


かと思えば純粋な気持ちを押し通し続けるものがあったりとか。
言葉にはしないけど最高に信頼してる友との関係とか。
初恋ファイヤーとか。


観てだいぶ経つけどそれぞれの話や場面を結構覚えてるということはそれだけ印象に残ってるってことで、自分の経験にシンクロするところだとか願望とかが軽やかではあるけどしっかりと描かれてたんじゃないかな。


言葉が通じないけど気持ちを伝えたい小説家の話も良かった。
空港を駆け出す少年も良かった。
それを後押しするリーアム・ニーソンもナイスだ。
イギリス首相の恋も楽しかった。
夫婦の話は切なかった。



で、僕が特に気に入ったエピソードは(多少ネタバレです)




親友の奥さんを凄く好きなんだけど、親友の奥さんだけにそんなそぶりを見せずに逆にその奥さんには「自分を嫌ってる」と思わせる態度を取るんだけどクリスマスの夜についに意を決する男の話。

夜、ドアのチャイムを鳴らした男は出てきた奥さんに自分の想いを綴った紙を無言で見せる。
そして、無言のまま去る。

「enough」

「充分だ、報われた」

という言葉を呟きながら。




くぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

せつねーぞ!!!!!!!!

たまらんね。





それと、障害を抱えた弟を持つ女性の話。

職場の同僚に長い間片思いをしていてそれがようやくうまくいきそうになるのだけど、一番大事なときに弟の世話をしなければならなくなる。
要するに恋は成就しない。

しかし、身内を選ぶこれも家族愛。
「自分」がいなければ誰が弟に本物の愛情を与えることが出来るのか。
自分を犠牲にしてでも。
確かに自分の人生は自分のものだからまずは自分の幸せを考えることがよりいいのかもしれない。
が、家族の絆には理屈はない。
彼女は弟を選んだ。
彼女の本能としての愛なんだろう。

これを描けるのは凄いと思った。
ここを甘い締めくくりにしてないところがこの映画のグレードをグーーーンと上げたね。

逆に言ったら他のエピソードのハッピーな部分がまた対となって印象に残すことになったと思う。




総じて、
映画全編、わかり易さの中にも「行間を読ませる」演出が施してあり、群像劇としてはいい映画。

で、幸せな気持ちにもなれるからクリスマスにはオススメ。

一人で見ても幸せな気分になれます。



余談だけどモテモテになることを夢見てアメリカに渡るちょいオツムの軽い男が実際にアメリカでモテてしまう話はアメリカとかアメリカ人を思いっきりバカにしてるんじゃないかと思う。

「こんな男がアメリカ人にはちょうどいい」みたいな、ね。


あと、この監督は肉感的な女性が好みなのか?
劇中、多くない?
「ブリジット〜」といい。
いや、僕も好きだけど。




LOVE ACTUALLY(2003)

上映時間 135 分
監督・脚本:リチャード・カーティス

「19人が織り成すそれぞれの愛のカタチ――それはあなたの物語(ストーリー)。」

出演:ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、アラン・リックマン、コリン・ファース、ローラ・リニー、キーラ・ナイトレイ、ローワン・アトキンソン、ビリー・ボブ・ソーントン、ビル・ナイ、マルティン・マカッチョン、ロドリゴ・サントロ 
 
posted by はやし at 22:15| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
制作が…
って、その後は何なの??

気になるじゃあ、ないっすか。
Posted by さとる at 2005年12月23日 18:44
あ、すいません。

ちょっと黄泉の国に行ってました。。。
Posted by はやし at 2005年12月24日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。