2006年05月27日

地下シネマ Vol.1


“地下シネマ”当日。

大阪から出演者兼プロデューサーのJUNさんが来熊。


JUNさんとはダンサーであり、舞踏家であり、役者であり、映画等でスタントマンもやってて、天人(あまんと)というコミュニケーションカフェのマスターでもあり、1年の半分以上は海外で過ごすというとてつもなくBIGなお方。



JUNさんのHP




初対面でもすんなり彼の世界にゆったりと浸れる感じで色々なことを話せる事が出来ました。



イベントのハコはいつものごとく河原町のUP!FIELD。


会場設営と機械設置を僕の右腕(と勝手に思ってる)ZUCAが手伝ってくれていざ、開演。




はじめは吉川監督の短編作の「ナポリタンデイズ」の上映。

男女の切ない感情がモノクロの画面にマッチした哀愁のパスタ味な映画でございました。



そして!


熊本の観客僕らに向けてわざわざ監督がご自身のメッセージをビデオレター風にしたものを上映。

監督の熱い気持ちと感謝のこころが十二分に伝わってきます。。



で、



メインイベント!

「Hello Horizon」の上映!



内容はhttp://www.hellohorizon.com/にゆずるとして、



僕は大好きな映画でした。


「どこまで行けば、地平線だろう?」


天真爛漫な彼女の言い出した一見無茶な願望に付き合う彼氏。


映画のはじめにナレーションされる、

「この時間がずっと続けばいいのに」に、

こころを支配された男は彼女と共に旅に出る。


それは、


終わりのない旅。そして、いつでも終わりに出来る旅。



切なさに胸が締め付けられる。



実際、上映後「見てて、泣きそうになった」と言った女の子もいた。




繰り返しますが僕は凄く好きな映画でした。




この作品、TSUTAYA3年坂店でレンタルできます。


是非是非見てください。





上映終了後、僕が聞き役に回ってのトーク形式でJUNさんに映画のこと、ご自身のこと、今後の活動のことを語ってもらう。



その内容はまた次回。
posted by はやし at 05:59| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。