2005年11月15日

劇場感染記「チャーリーとチョコレート工場」



雑感シリーズ。

待ちに待ってたティム・バートンとジョニー・デップタッグの最新作。

ロアルド・ダールの世界的ロングセラー児童書『チョコレート工場の秘密』を映画化したもので一度1971年に映画化されてるからこれが2度目。



ちゃりちょこ.jpg






バートンの世界観ってホントにわくわくする。
ゾクゾクするといってもいいけどなんだろう、この懐かしい気持ちは。



彼は一貫して異形なものに愛を注いできたわけで、何故ならそこに純粋なものを敏感に感じ取っていたからと思われ、もちろん自分が実際に生きてきた中での実体験というか実体感があるってことがバックボーンとして絶対に無視できないところなんじゃないかと思う。



異形であるが故、最初から遠ざけられてしまう存在たち。
人というのは自分の頭の中で強大なモンスターを作り上げてしまうからね。
しかしコミュニケーションを取ってみない事にはそのモノ(あるいはヒト)の本質には近づけない。
見る人たちにスクリーンと否応なしにコミュニケーションをとらせる、これがバートンが映画に見出した幸福だったのかもしれない。



だから「どこか切ない」空気を映画の中で表現できていたのだろう。
登場人物たちは自分の分身であり、彼らから「僕は僕なんだよ!ありのままの僕なんだ!もっと目を凝らしてみてくれないか!」とのメッセージを送りつづけていた。

あ、「PLANET OF THE APES 猿の惑星」は除く。




が、しかし!


バートンの内面が多少の変化を起こした。


リサ・マリーとの結婚を機に。


隣を見れば常に自分を心から愛してくれるヒトがいる。
それはバートンの内面の凝り固まった(そしてそれは創作意欲の源になっていた)ストレスを緩やかに溶かしていく。
ごく当たり前で普遍的な愛情を享受することによって当然映画の方向性も普遍的な愛情へとシフトしていった。



「ビッグ・フィッシュ」を見れば一目瞭然。


まぁ、リサ・マリーとは別れたけど「猿」の撮影のときからヘレナ・ボナム・カーターと付き合ってて子供も出来たもんね。
(籍は入れてないらしい)



で、このチャリチョコ。

一見、家族愛を朗らかに謳ってはいる。
多少ブラックな演出はあるものの。
清貧とかもね。

でも、その裏で

原作が児童書という隠れ蓑を被って現実と理想の対比を容赦なく子供の世界に映し出している。
彼のこの作品でのスタンスは現実に非常にシビアでありながら理想にはとことん甘い。
ラストはまさに絵空事だ。持たざるものの夢物語。

あっ!だからチョコレート工場かっっ!


実際、あの主人公以外の子供たちを描きたかったんじゃないかという気すらする。

「こんな家族、嫌だろ?
でも、多いんだよ最近。」
みたいな。
恐らく自分が一番嫌悪してるのだろう。
で、この対極にあるもの(理想=自分が目指すもの)が世間では単純に珍しいからそれだけ映画のネタになるということなんだと思う。


と考えるとダークで毒な部分に今回は人のワルイ悪戯が加わってる。
「複雑な気分にならないかい?」




「人気あるし、ファンがついてるからたまには自分の作りたいものを作ってみるか。
ブーイングが出ない程度で。
ジョニデもいるから致命傷にはならないだろ。」




「でもやっぱりフォローしとかないとね。」

「フォロー」=「コープスブライド」





以上、見当違いな雑感でした。




結局、僕自身はこの映画には「いまさら」感を強く感じちゃって、ストーリーが動き出す中盤からはどうにも見ていてだるかったんだけども。
「コープス・ブライド」で口直しかな。



posted by はやし at 09:34| 熊本 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

劇場感染記 「シン・シティ」


映画館で見たんだけどね。
何本か。


ちょっと前だから、なんとなく力入れて感想を書く気になれず。



ほら、あれだ、




「シン・シティ」見たぁ?




とか会話に出てこないじゃん?



なので雑感を若干思い出しながら少々。



シン・シティ.jpg




アメコミだそうです。
出てる人は結構豪華。
イライジャ・ウッドとデヴォン青木が良かった。
「スパイキッズ」ではお母さんのカーラ・クギーノはナイス目の保養!
ミッキー・ロークはもっと背筋が寒くなるほどの恐さが欲しかった。
しかし、変わったねぇ・・・
猫パンチ野郎も・・・
マイケル並に。
あとの主役二人の男はもっと迫力が欲しかった。
演出にボンバイエ、いや、文句言え?
ジェシカ・アルバはもっと派手な見せ場を作って欲しかった<これも?
デニトロは・・・無念。


とりあえずワルな奴らが女のために必死にバイオレンスって感じ。
パートカラーといわれる映像はちょっとカッコ良かった。

3人寄らば悪ふざけ。
ちなみにデニトロとクライヴ・オーウェンが車の中で二人きりになって会話するとこをタラが演出したらしい。


なんか、刺激も中途半端だったんだよねー。
かなりグロイけど。


僕が劇場で見たときは後ろに若いカップルが座ってたのだけど終わった後どうにも微妙な空気が流れていた。
そりゃ、ひくだろ。





posted by はやし at 06:44| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ヒロシです・・・


もう、冬になってたんですね・・・

道理で今これを書き込んでるときにも寒さがきっついなーと思ったわけだ。


が、しかし!


そんな寒さなんか吹き飛ばすんだ!
とおぉ!!



11日から福岡のキャナルシチーで

「FUKUOKAヒーローフェスタ2005」


が開催されてるんだ、とお!



なかなかステキなラインナップだ、とお!


詳しくはココにジャンプだ、とおお!



ガキのころ、仮面ライダーごっこで友達のあごに渾身のライダーキックを見舞って口から流血させて母親と一緒にその友達の家に菓子折りを持って謝りに行ったんだ、とおおお!
帰ったら父親の強烈なライダーパンチが待っていたんだ、ぐあっ!





あ、





映画祭、今日までだ・・・





ゴホン、

そういえば最新映画「仮面ライダー THE FIRST」がもうすぐ公開だ!
純然たる日本製のヒーロー映画!
僕の精神年齢にはちょうど合うぞ!
つーか、熊本で上映されるのか?
つーか、 {天本英世 (デジタル出演)}ってなんなんだよ!
もし出来上がりがダメダメだったらこの人に根性叩きなおしてもらうからな!!

















ヒロシです・・・.jpg

ヒロシです


posted by はやし at 05:44| 熊本 | Comment(1) | TrackBack(3) | とぴっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

こまーさる・めっせんじゃ


さてとぉ!!
髪も切ったし、リフレッシュしたぞぉ。



めっきり肌寒くなってきましたね。
と思って先週の日曜日厚着していったら27℃あったらしいですよ。
汗かきました。

「お前ぇ、バカか!!」

って、天気に喧嘩売ってました。

相変わらず僕の生活は空回りと無駄が多いです。



そんな僕でも!!



本に名前が載ったですよ!!


映画300選.jpg



熊本映画革命HINAMIのコーディネーターであり、
NPO法人ツムリ30の理事であり、
英語堪能で英会話の本も数冊書いてて、
アメリカで現地のクルー・キャスト使って映画を撮った映画監督で、
熊本在住の黒川さんが映画に関する本を出されました。


内容は30年代から各年代の基本的に名作と言われるスタンダードな作品を100本、隠れた名作を200本映画監督ならではの作り手からの視点を交えて紹介したものになってます。

タイトルには「見ずには死ねない」
「もうレンタルショップで迷わない」
との文字が躍ってます。

とにかく映画という総合芸術を根っから楽しみたいときに、
「秋の夜長って暇やわぁ」と感じるときに、
「読書の秋だしな!」って、世の風潮に流されやすい人も、
「まずは基本だよな!」と試験1ヶ月前になってテンパった受験生のごとく、


・・・・・


レンタルビデオ店に行く前に参考にするのにいい本ですよっ!



で、この本に名前が載ってるんですけどね♪

黒川さんが原稿を書く時にCiNe3。の僕とさとるさんが映画の推薦をしたのですよ。
そしたらあとがきに二人の名前載せてくださいまして!
まえがきには当ブログのコピーを書いてくださいまして!!



あ、


あざーっす!



「はじまりは映画」っす!!

興味ある人は是非あまぞんかお近くの書店で!!
posted by はやし at 18:36| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。