2005年02月25日

レンタルメモリ「半落ち」




栄えある今年度日本アカデミー賞受賞作<栄えあるのか?
昨年まで東宝、松竹、と来たから今年は東映の番ね。
今年の東映っていったらこれしかないよな。
受賞した次の日にWOWOWで放映されてたけどやっぱ知ってたんすね。

ストーリーは

ある日、元捜査一課警部・梶聡一郎は最寄りの警察署に出頭してきた。そして、3日前に妻の啓子を自宅で絞殺したと告げる。半年前、若くしてアルツハイマー病を発症した啓子の看病のため刑事を辞職し、警察学校で後進を育成して広く敬愛されてきた梶。取り調べにあたった捜査一課・志木も困惑を隠せない。その上、梶は自首するまでの2日間について固く口を閉ざし続ける“半落ち”の状態。現職警官による前代未聞のスキャンダルに県警全体が窮地に立たされる。組織の防衛を優先する県警幹部は、完落ちしない梶の“空白の2日間”に拘り続ける志木の意向を無視し、調書のねつ造で謎の隠蔽を図り、強引な事件の幕引きを目論むのだった。

こんな感じ。

芸達者の人たちばかり出ているのでその演技を見る分にはいい映画だったんだけどいかんせんテーマの焦点がボケすぎで見た後、何か釈然としないです。
原作はミステリーの部分がかなり話題になったけど映画はそれをほとんどと言っていいくらいばっさり切り落として人間の命についての重厚なドラマを目指している感があります。
が、
警察内部の確執、記者と弁護側からの謎解き、介護問題等詰め込みすぎでそれでいて一つ一つが中途半端に終わってるから2時間が長く感じることこの上ない。
さらに、最大の見所(にしなければならない)空白の二日間の謎の答えが「はあ?」って思いっきり拍子抜けするものなのが痛い。
何で梶は頑なに隠したの?
普通に最初から言っていい理由じゃないの!
あと、僕は妻を殺害した理由にも納得がいかないぞぉ。妻のためでなく自分のためじゃんか!
んで、とどめはエンディングの森山某の耳につく歌声。
脱力感全開です。

刑事役の柴田恭兵、検察官役の伊原剛志、主人公の義理の姉役の樹木希林は大仰な演技になりがちな役どころを押さえ気味にやってたからよかった。
問題は栄えある(←しつこい)アカデミー主演男優賞を獲った寺尾明で、あんなものは誰がしてもああいう演技になるっつー普通っぷり。
印象薄いっす。
ついでに原田美枝子もミスキャストだと思うな。


とにかく、さすが「日本アカデミー賞の作品」!と
言えるかな。
どんなものか確認してみたい人は御覧下さい。


半落ち (2003)

上映時間 121 分

「男はなぜ、最愛の妻を殺したのか――
男はなぜ、あと1年だけ、生きる決心をしたのか――?」

監督: 佐々部清
原作: 横山秀夫

出演: 寺尾聰、柴田恭兵、原田美枝子
   吉岡秀隆、鶴田真由、伊原剛志
   國村隼、高島礼子、奈良岡朋子
   樹木希林、田辺誠一、西田敏行
posted by はやし at 14:23| 熊本 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。