2005年02月19日

レンタルメモリ「ミニミニ大作戦」

the_italian_job.jpg


一昨日の「車を使った犯罪者達が主人公」つながりで。
1969年にマイケル・ケイン主演で作られらた
作品のリメイクです。
意外と豪華な出演陣に見てお得感アリ。

ストーリーは

イタリア・ベニス。天才的な知性を持つ窃盗のプロ、チャーリーは、最新型金庫に厳重保管されている50億円相当の金塊を強奪する計画を立て、その道のプロフェッショナルたちを集める。だが、作戦は失敗。1年後、ロサンゼルス。チャーリーたちは、錠前屋のステラを金庫破り担当として新たな仲間に加え、金塊の再奪取を計画。それはミニ・クーパーを使った大々的なプロジェクトだった。

こんな感じ。

ナイス・チームワーク!
個性的なメンバーがそれぞれの特技を生かして金塊強奪作戦を実行するダッシュ(走り出すさま)
セリフ回しとか心情描写とか思いっきり陳腐だけど「ま、別にいいか」って思えるよね、このテの映画は。
いかに見ているこちらが読めない意外な作戦を考えるかとか、それぞれの個性がはっきりしてるかが重要だもんね。
あと、どれだけスピーディ、かつテンポがいいか、とかも。
要はルパン3世を見る感覚で楽しめればいいかなと。

リーダーのチャーリーにはマーク・ウォルバーグ。
あれ!?顔変わった?
ふけたという感じでもないけど猿っぽさが薄くなってる目
最初、ウィリアム・H・メイシーかと思った。
しかも、リーダーなのにこれといった見せ場がないような・・・たらーっ(汗)
よっぽど、
ジェイソン・かっこいいハゲ・ステイサムとか
セス・やっぱりお調子者役・グリーンとか
シャーリーズ・モンスター・セロンとか
エドワード・何しても上手い・ノートンとか
ドナルド・いくつになっても現役・サザーランドの方が目立ってたよ。
うーん、「ミニミニ・オーシャンズ11」か?<11人もいないけど。
minimini2.jpg

オリジナルはイギリスの小っちゃい車がイタリアの町を走り回って大きな車とそれを駆る奴らをきりきり舞いさせるわけで、原題が「イタリアン・ジョブ」ってのも頷けるんだけど、今回のメインの現場はアメリカのロス。
「じゃ、『いたりあん・じょぶ』じゃねーじゃん」とか重箱の隅をつつこうと思って考えてたら気付いた。
「あ、イタリアのベニスで一回成功してるヤリ方を本番で応用進化させてる!!」
「だから、『イタリアン・ジョブ』でいいのか!なるほど!深い!!」<いや、ぜんぜん深くない


THE ITALIAN JOB  (2003)
上映時間 111 分

「小さなヤツほど、華麗に決める。
油断してろよ、デカイやつ!」

監督: F・ゲイリー・グレイ 

出演:マーク・ウォールバーグ 
   エドワード・ノートン 
   シャーリーズ・セロン セス・グリーン 
   ジェイソン・ステイサム ドナルド・サザーランド 
posted by はやし at 07:46| 熊本 🌁| Comment(4) | TrackBack(15) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。