2005年02月13日

アカデミー賞発表!

といってもイギリスのだけど・・・
ただ、やっぱりアメリカの本家(?)ともかなりかぶるところはあるわけで賞レースの行方が騒がれてるこの時期には多少気になったりして。


【作品賞】「アビエイター」

【監督賞】マイク・リー 「ヴェラ・ドレイク」

【主演男優賞】ジェイミー・フォックス 「Ray/レイ」

【主演女優賞】イメルダ・スタウントン 「ヴェラ・ドレイク」


作品賞はアメリカでもかなりの話題の「アビエイター」。
実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波瀾の半生を描いた伝記ドラマ。
映画監督として、また飛行家としても歴史にその名を残す偉人にして、ハリウッド女優たちとも華麗な恋愛遍歴を重ねた男が辿る夢とロマンの物語だそうだ。
主演はレオナルド・ディカプリオ(主演男優賞にノミネートされていた)
これは見たいね。

監督賞と主演女優賞の「ヴェラ・ドレイク」は
よく知らないけど地味ながら人間への愛がしっかりと描かれてる力作だそうだ。
日本では今夏公開。
見たいね。
ちなみに無冠の帝王マーティン・スコセッシはここでもノミネートだけに終わってる。

主演男優賞はやっぱりかexclamationの彼。
まだ見に行ってない・・・
早く見に行かねばあせあせ(飛び散る汗)


【オリジナル脚本賞】「エターナル・サンシャイン」

【外国語映画賞】「モーターサイクル・ダイアリーズ」


「エターナル・サンシャイン」は原案・脚本が
異才チャーリー・カウフマンで僕は彼がすごく好きなのでこの作品は物凄く見たいぞぉ。
ケイト・ウィンスレットとジム・キャリーが出てるんだって。
(二人とも主演賞でノミネートされていた)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」は納得!
僕の昨年のベスト1映画だし!

賞の行方と言うよりそこに挙がった(僕が見てない)作品がどんなものなのかの興味の方が大きく、そういった意味ではやっぱりアカデミー賞は注目してしまうのでした。はっはっはわーい(嬉しい顔)
posted by はやし at 23:54| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(8) | とぴっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。