2005年02月10日

至高の素材

いやぁ、ホッとしましたね。
サッカーの日本対北朝鮮の試合。
おめでとぅニッポンぴかぴか(新しい)
僕は常々、スポーツにおける真剣勝負は極上のドキュメンタリー作品である!と思ってるんですが、
今回、埼玉を舞台にまさに筋書きがあるようであるはずもないドラマが展開されたわけですよexclamation

緊張→歓喜→重圧→落胆→焦燥→大歓喜
って、すげぇ流れだね、これ・・・。

両国は政治関連でかなりの緊張状態にあるけど、スポーツは別問題。
互いがベストを尽くしたスポーツマンシップとともに国を代表するという意地を見せてくれました。
死力を尽くした先に生まれたドラマにマジで感動しましたよ、僕は。
サッカーの試合は実力差があっても結果はやってみないとわからない。
今後はどんなドラマが展開されるのでしょうか?

僕が感動したエピローグが一つ。
北朝鮮の選手の試合後のコメント
「スタジアムを出るとき、我々に向かって日本のファンが手を振ってくれたのが嬉しかった」

言うまでもなく政治的な問題は一部のトップ層が起こしてるものであり、それに対して国を挙げて、もっと言うなら世界中の良心を持って糾弾することは当然、必要なことではあるでしょう。
スポーツはしかし、途切れがちな国同士の友好の大いなる手助けになり、
文化は問題提起の先駆けを担う。

こんなものも↓

teamamerica.jpg
プラハにある北朝鮮大使館が、チェコ共和国に対してアメリカ映画「チーム・アメリカ」の上映禁止を求めた。「チーム・アメリカ」は「サウスパーク」のクリエイターによる人形劇映画で、世界警察の最大の敵として金正日が登場している。「我が国の印象を著しく傷つける」と、北朝鮮外交官はチェコの新聞を通じてコメントを発表。「映画の中で描かれているような行為は、我が国の政治文化には存在しない。よって、映画の上映禁止を求める」。本作は、今年7月に日本公開される予定。

映画の内容、凄く興味が湧きませんか?
posted by はやし at 19:18| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。