2005年02月04日

アーカイBS「地下室のメロディ」

渋い、渋すぎる・・・。乾いた感じのハード・ボイルド。
名優並び立つ犯罪サスペンスの傑作。

ストーリーは

五年の刑期を終え出所した老ギャングのシャルル。彼は青年フランシスと組み周到な計画を立てて、再びカジノの現金を強奪する。そして、計画は成功したかに思えたが……。

こんな感じ。

セリフは少ないし、漂う雰囲気もピンと空気が張ってる感じ。
フランスの名優ジャン・ギャバンとアラン・ドロン。
彼ら二人がコンビを組んでカジノを襲うわけですがその彼らの存在感、細かく言うと立ち居振舞い、これがカッコよくて男の僕でも見惚れてしまいます。
ジャン・ギャバンは老いてなお磨かれる男の渋さ、アラン・ドロンは典型的なええ男。
どっちもいいっす!

計画に向けて徐々に高まる緊張感。それをどきどきしながら見ていると意外なラストが・・・
ここで「ええー」(ちょっと不満)となるか「なるほどねー」(納得!)となるかは別れるところでしょう。

劇中、ジャズなんかかかってたりするし、
深夜(一人で)酒飲みながら見るにはうってつけの映画。
ハード・ボイルドに、人生の儚さの憂いに、浸ってください。
クライムもの好きな人、特に。

地下室のメロディー
ジャン・ギャバン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

LA MELODIE EN SOUS-SOL ANY NUMBER CAN WIN (1963)

上映時間 121 分
製作国 フランス

監督: アンリ・ヴェルヌイユ 
出演: ジャン・ギャバン  アラン・ドロン ヴィヴィアーヌ・ロマンス


posted by はやし at 23:00| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。