2005年01月31日

レンタルメモリ「素晴らしき哉、人生」

名作って言われてたから(いや、いろんな本とかでね)見なきゃ!と思いつつも機会がなかったのが今回、やっとこさ見ることが出来ました。
しかもプロジェクター使用だからでっかい画面で。

あらすじは

主人公のジョージという男は、いつも何処かでツキに見放され、逆境にばかり立ち向かう運命にあった。自分のミスではなく大金を失った彼は、全てに絶望して自殺を図る。ところが、12月の冷たい河に飛び降りようとしたとき、彼より先に一人の男が身を投げて救けてくれと叫んだ。あわてて救けたジョージに、男は、自分は見習い天使だと告げるが……。

端折って書くとこんな感じ。

いや、もう主人公の男が幼少のころから何かとついてなくて、それでも歯ぁ食いしばって前向きに生きる(ように見える)姿に他人事とは思えずに・・・それだけで胸が熱くなったりして。はは。わーい(嬉しい顔)
で、そんな彼もついにそれまで自分を支えていた意地という名の一本の線を切らしてしまうわけですよ。<もう後半も押し迫った時間帯
そして、そこから映画的にも内容的にもガラッと世界が変わります。
ラスト・スパートかけるように。

感動したなぁ。
自分の存在価値って・・・?
思いやりって・・・?
渡る世間は・・・?
情けは人の為ならずexclamation

この映画、中高生に授業3コマつぶしてでも見せるべきだと思います。
もちろん「これを教訓に社会とは、人間とは・・・」なんて野暮な後付け説明はせずに。
見せるだけ。
若い感性に訴える力のある作品だと思うから。
説教くさくないし。

あと、「人生に疲れたなぁ」なんて一人きりのときにつぶやいてしまう人、とにかく、御覧下さい。

☆☆☆☆

1946年のアメリカの作品。
上映時間は130分。

監督: フランク・キャプラ 
製作: フランク・キャプラ 
脚本: フランセス・グッドリッチ 
   アルバート・ハケット 

出演: ジェームズ・スチュワート 
   ドナ・リード 
   ライオネル・バリモア 
   ヘンリー・トラヴァース 
   トーマス・ミッチェル





posted by はやし at 08:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。